買い物アイコン

ダイヤの価値

ダイヤモンドの買取依頼を行った場合、業者は様々な項目を確認してダイヤモンドの価値を決めていきます。
基準にはいわゆる4Cといわれるものが主な基準になります。
カラット、カラー、カット、クラリティと呼ばれる4つのポイントが大切で、この4Cのグレードが上がると希少価値が上がっていきます。
カラットとは、ダイヤモンドの重さを表す単位です。
1カラット0.2グラムで、重くなればなるほど希少価値が高まります。
買取業者は電子デジタルの天秤をつかうことで、重さを正確に測定していきます。
ほとんどのダイヤモンドは1カラット未満のものがおおいですが、大粒の場合は希少価値が高まります。

買取業者がダイヤモンドの査定を行う際に見ていくものの1つに、クラリティがあります。
クラリティは、透明度を表す物で内包物や大きさ、傷や欠け等がないかみていきます。
包有物が多くなると透明度が下がっていくので、そのぶん輝きが鈍くなります。
透明度が高ければ高いほど評価が高くなります。
また、ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際はかすかに色が付いています。
無色透明なものほど高く評価され、黄色味があると評価が下がってしまします。
また、ダイヤモンドのカットも非常に重要です。
綺麗にカットを行うことにより、ダイヤモンドは輝きを放ちます。カットのプロポーションや角度等様々なことを見ていきます。
鑑定書にも宝石の鑑定がされていますが、買取業者はそれにプラスアルファで現状の輝きや4Cと言われる基準を確認していきます。